暮らしの道具 松野屋のあらもの市

2019/01/20

1.26(土)〜2.17(日)、姉妹店 岡崎市美術博物館 museumshop YAGURAにて、「暮らしの道具 松野屋のあらもの市」を開催します。

会期/1.26(土)〜2.17(日) open10:00- 17:00
休館日/月曜日(祝日の場合は翌日)及び美術博物館の休館日
会場/岡崎市美術博物館 museumshop YAGURA
〒444-0002 愛知県岡崎市高隆寺町字峠1番地 岡崎市美術博物館内(岡崎中央総合公園内)

東京の谷中に店を構える荒物問屋「松野屋」。
日本やアジア各地から選んだ生活の道具を展開するブランドです。
「荒物」とは、竹かごやざる、トタンのちりとりやバケツなど、
大量生産でも美術工芸品でもない、
町工場や農村の職人たちがつくる、素朴な日用品のこと。
代表の松野 弘氏が、「長く使えて、愛着も生まれ、豊かな気持ちになれる」という視点で選んだ生活道具は、
海外からも高い評価を得ています。
自ら産地へと足を運び、職人と交わり見つけてきた、
自然素材の使い勝手のよいものたち。
そして「便利」というだけでなく、美しいから使う、使うから美しい、
永く使うことのできるものばかり。
そんな松野屋のあらものがYAGURAに勢揃いします。
ぜひこの機会にお手に触れてみてください。

Favorの北欧家具展

2019/01/20

Favor(フェイバー)の北欧家具展
会期/2.2(土)– 2.17(日) open11:00- 19:00
定休日/水,第3火曜日(会期中 2月6、13日 店休日)
会場/soup. Life Store
〒446-0073 愛知県安城市篠目町竜田86-8

Favor(フェイバー)は名古屋市名東区を拠点に北欧家具を扱うお店。
オーナーの安井氏自らデンマークやスウェーデンに足を運び、
ご自身の目で見た確かなものを買い付けされ、
リペア(修復)もご自身の手で丁寧にされています。
北欧は日照時間が短いこともあり、
家で過ごす時間が多いといわれている国です。
より心地よく大切な時間を過ごすために、
飽きのこないデザインが発展し、さらに「受け継ぐ」ことを考え、つくられています。
大切に受け継がれてきたヴィンテージ家具には、
携わった人々の物語と愛着がこもり、とても味わい深い表情を見せてくれます。
会期中はヴィンテージ家具をはじめ、北欧の名作家具や北欧雑貨が並び、
弊店がFavorに、北欧に染まります。ぜひこの機会に触れてみてください。